部屋選びに影響する設備とは


一人暮らしの部屋を選ぶ時に欲しい設備のご紹介です。必要なものは付いてて当然の今だからこそ確認はしましょう。皆さんも入居後に「ついてなかった!」って後悔しないようにしてください。

バス・トイレ別であれば

メリット

お風呂に洗い場があること

シャワーしか使わない人でも湯船を利用することがたまにあるはずですよね。洗い場があるので体を洗ってから、湯船につかることができるのは大事ですよ。

お風呂利用中でも家人がトイレを使える。

バス・トイレ別のメリットは他の人が待たなくてすむところです。トイレの床が濡れないのもメリットですね。

デメリット

家賃が高くなる。

「バス・トイレ別」は当然みんなに人気なのでお値段は高くなりますよね。快適に過ごすためには必要ですね。

居住スペースが狭くなる。

「バス」「トイレ」それぞれが場所を取る為、同じ専有面積で比較した時に3点ユニットバスに比べ居住スペースが狭くなります。

エアコンがあれば

メリット

入居後すぐに利用できる。

エアコンは最近の一人暮らし向け賃貸物件ならだいたい標準で付いているので、購入、取付にかかる費用が発生しない。

デメリット

エアコンの機種を選べない。

賃貸物件の設備なのでエアコンが古い場合があります。匂いが気になる事もあります。

室内洗濯機置場があれば

メリット

時間を気にせずに使える。

室内にあれば夜や早朝に洗濯機を利用することができる。一人暮らしならこれは大事なポイントですね。

デメリット

家賃が高くなる。

同じ専有面積の賃貸物件で比較すれば、外に洗濯機置場がある賃貸物件よりも家賃が高くなる。やはり便利になるとお高くなりますね。

女性なら必ず欲しい設備とは

一人暮らしを安全・安心に出来るように最近は下記のような設備を備えている賃貸物件も増えています。

オートロック

住民以外の立ち入りを防げるのはもちろんのこと防犯意識が高い物件が多いです。

2階以上のお部屋

設備の内容とは少し違うかもしれませんが、1階の部屋は通行人の視界に入り易くカーテンや洗濯物の種類で女性が住んでいると認識されると犯罪に巻き込まれるかもしれませんね。2階以上がおすすめですね。

宅配ボックス

宅配便を直接受け取る手間がないので生活のリズムが崩れない。荷物の受け取りを宅配ボックスでおこなえば見知らぬ人に出会うリスクも減らせます。

TVモニター付きインターフォン

モニターで訪問者を確認することが出来るTVモニター付きインターフォンであれば映像で確認できるので安心ですね。

最近は録画機能を搭載したインターフォンもありますので不審者が来た時の証拠として利用できますね。

まとめ

いかがでしたか、最近は本当に設備が充実している賃貸物件が増えてます。

住もうとしている地域によっては、掘出し物件があるかもしれないので、ライフスタイルに合うすてきなお部屋を見つけてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です