部屋の間取りの違いとは


一人暮らしの部屋探しって意外と奥が深いですよね。費用を抑えて快適な単身生活をするためにも間取りに対する知識を少し持っておけば、お部屋選びもスムーズになりますよ。

ワンルーム(1R)メリット

居住スペースが広い

ワンルームはキッチンと居住スペースが仕切られていないので1Kよりも居住スペースが広く感じるものもあります。

家具の設置が楽ちん

1Kとの比較になりますが、居住スペースが広いので家具のレイアウトの自由度が高い。模様替えも気軽にできます。

部屋全体の温度を一定に保てる

居住スペース内に間仕切りがないので1Kである冬季の浴室や洗面台付近が寒くなくて快適にすごせます。

お値段も手頃で物件数も多い。

不動産屋さんに問い合わせれば結構な数出てきますのでライフスタイルに合わせた物件を選べます。

ワンルーム(1R)デメリット

人を部屋に呼んだ時の悩み

入浴時、トイレ利用時に仕切りなどが無いので気を使ってしまうことも。

キッチンが小さく機能性に乏しい。

調理スペースが狭いので利用するには工夫が必要。

1Kメリット

居住スペースの独立性。

居住スペースと玄関までのスペースに仕切りがあるので、住民の出入りによる空調の温度変化が少ないです。

水回りの嫌な匂いを防げる

料理の匂いやキッチンに置いた食材の匂いなどワンルームでは部屋中に拡がってしまいます。1Kであれば仕切りがあるので居住スペースへの影響は少なくなります。

玄関から部屋の中が見えない

1Kは玄関と居住スペースの間に仕切りがあることが多いので、宅配便業者や急な訪問者があっても、部屋の中を見られる心配はありません。

1Kデメリット

居住スペースが小さくなる

同じ広さであればワンルームよりも居住スペースが小さいので広いキッチンスペースが欲しいなら1DK、1LDKを狙うのもありです。

1DKメリット

居住スペースが十分にある。

ダイニングキッチンがある間取りなので家具のレイアウトなどがしやすい。

生活スペースが区切りやすい。

居住スペースとダイニングキッチンが、きっちりわかれているので生活感が出にくいです。

1DKデメリット

家賃がお高い。

比較サイトで検索すると1DKは1LDKの物件数より少ないので、希望するエリアで見つけにくいことがあります。築年数が古いものであれば家賃もお手頃になっている物件もあります。

光熱費が高くなる場合も。

部屋ごとに独立性があるので部屋ごとにエアコンを設置すると高熱費が上がってしまいます。一人暮らしに2台のエアコンは結構辛いかもしれません。

まとめ

広くなれば家賃も高くなるし光熱費も高くなる。一人暮らしで少しでも費用を抑えたいならワンルームがおすすめです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です