一人暮らし引越しの挨拶はするの?


新居での挨拶が必要か悩みますよね。最近は、挨拶にいって情報を与えることが、リスクになると考えるご時勢ですよね。今回は、引越しの挨拶についてお話ししたいです。

引越しの挨拶とは

昔の引越しでは、ご近所に引越しのご挨拶をするのが普通でした。
両隣、下階の部屋の方に挨拶をすることで、隣人とのトラブルを防ぐ効果
を期待できるものとして、昔の人は行なっていました。
というのも、ファミリー層向けマンションであれば、家族同士の付き合いがある可能があるので、引越しの挨拶は重要なると、思われます。

一人暮らしの引越しでは、引越しの挨拶は不要

一人暮らしで利用する賃貸の部屋では、基本的には隣人などへの挨拶は不要と言われてます。
その理由ですが、

  1. 単身者の集合体なので、ライフスタイルが違う。
  2. ご近所付き合いを、そもそも望んでいない人がいる。

同じ建物に住んでいても、共同体という認識は薄いのが、単身者向けの
マンションの住民たちだと思います。なので、あなたが単身者向けマンションに住むのであれば、挨拶は不要で問題ないでしょう。
そもそも、挨拶しに言ってもインターフォンに出ない部屋の方もいたりします。ということで、単身者向けマンションでは、積極的に挨拶に行く必要はないです。

引越しの挨拶をしたほうがいい場合とは?

  1. ファミリー向けのマンションに住む場合。
  2. 管理人がいる物件の場合。

「一人暮らし=引越し挨拶不要」は、単身者向けマンションとかの場合と、考えてもらっていいです。
あなたが、ファミリー向けマンションに単身者で住む場合は、両隣と下階には、挨拶にいったほうが良いです。ファミリー向けでは、コミュニティが形成されている場合があるので、引越しの挨拶に行かなければ、変なレッテルを貼られる可能性があります。実際、単身者の入居を断るファミリー向けマンションも結構あります。
あと、単身者向けでも、管理人がいるところは、住人ではなく、管理人に挨拶するのがいいでしょう。

まとめ

一人暮らしなので、基本そんなに引越しの挨拶を気にする必要はないでしょう。手土産も使えて、邪魔にならない洗濯用洗剤などを、渡せばOKです。参考になれば、幸いです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です