MacBook Air(Retina,13-inch, 2018) レビュー MacBook Pro(15-inch,2016)からの乗り換えでも大丈夫か?


MacBookPro15inch(2016)からMacBookAir(2018)に乗り換えて1ヶ月になったので使用感などレビューしていきたい。

MacBook Air 2018

出典:apple.com

購入したMacBook Air(Retina,13-inch,2018)

  • CPU: intel Core i5 (8210Y)(“Amber Lake”) 1.6GHz 2コア
  • GPU: intel UHD Graphics617
  • RAM: 8GB PC3-17000 (2133 MHz) LPDDR3
  • SSD:512GB

乗り換える前のMacBook Pro(15-inch,2016)

  • CPU: Intel Core i7 2.7GHz 4コア
  • GPU:AMD Radeon Pro 460 4 GB GDDR5
  • RAM: 16GB PC3-17000 (2133 MHz) LPDDR3
  • SSD:1TB

今回、購入したMacBook Air 2018はSSDだけ512GBに増やした仕様で
購入しています。MacBook Air 2018のメリットとデメリットをまとめました。

MacBook Air(Retina,13-inch,2018)のメリット

  • 持ち運びしやすいサイズ。
  • MacBook Proよりも軽いし、薄い
  • ACアダプターがコンパクトで持ち運びしやすい。
  • Retinaディスプレイになったので解像度も上がり作業空間が広がった。
  • バッテリーの持ちが良いので外出先でもコンセントを探す必要がない。

MacBook Air(Retina,13-inch,2018)のデメリット

  • CPUがCore i7を選べない。
  • RAMもSSDも交換ができない。
  • 複数のアプリケーションを立ち上げて作業しているとモッサリした動作になることがある。

なぜMacBook Pro 13-inchではなくMacBook Air 2018なのか

MacBook Pro系のパームレスト部分は本体の厚みが結構あり、タイピング中に腕時計の金属バンドがぶつかることが多かった。
MacBook Air2018のウェッジ型のボディはキーボードが非常に打ちやすく、パームレスト部の高さがないので腕時計の金属バンドがぶつかることもなくなった。このデザインだからこそ購入を決めたのかも知れません。
ゴリゴリの映像編集などで使用することがメインでなければ、タイピングマシンとしてMacBook Air2018はおすすめできる。

結論、MacBook Air 2018への乗り換えはおすすめです。

乗り換える前のMacBook Pro(15-inch,2016)のスペックは高く、動画編集やオフィス系のアプリもサクサク動いて快適でした。

それでもMacBook Air 2018に乗り換えたのは「軽さ」を私自身が求めたからです。毎日カバンにMacBook Pro 15-inchを入れて仕事に行くのが本当に辛くなっていましたので、MacBook Air 2018の登場は私にとっては救世主でした。1分1秒を争うような編集作業があるわけではないので、ある程度の性能があれば「軽さ」を求めるのもありだと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です