コンパクトな1Kに引越ししたのでボヤキます。


築浅で綺麗な部屋を借りたい。そして駅近が条件。
予算を抑えてそんな部屋を借りようとすると驚きの物件に出会える。
私が出会った物件をご紹介したい。

1Kとは言えないキッチンスペースな玄関?

玄関のスペースに無理矢理キッチンユニットを取り付けたレイアウトで、まともに調理できるスペースが無く食器類を置くスペースも限られる。
シンク周辺にほぼスペースが無いので、洗った食器が置けない!
キャスター付きのワゴンなどが必要になります。
しかもワゴンを置きっぱなしにするスペースもないので居室に逃がすか浴室に逃がすかの選択しかないのが辛いです。

コンパクトなシューズラック

玄関の壁に取り付けてあるシューズラックは、生活動線的に邪魔な位置にある。シューズラックの厚みを減らすためなのか立て掛けて収納する仕様になっている。この立て掛ける収納が曲者で一段に2足並べて置けない、
28cmのサイズの靴をまっすぐおけない(大きくて上の段にぶつかってしまう)
シューズのメンテグッズも置けないので、中途半端がラックになっています。

バス、トイレセパレートだけど…

効率良く配置するためなのか、セパレートだけど、浴室の脱衣所にトイレと洗濯機がある不思議なレイアウトになっています。
便器の横に洗濯機置き場があるのですが、入口のサイズが55cm! 大きな洗濯機を買っていたら設置できずに大変なことになる間口でした。みなさんもお気をつけください。
良かったことといえば、浴室乾燥の設定が細かくできるので、部屋干しをしなくて済むところです。

居室はおしゃれだけど

1Fを借りたということもあり普段は部屋のシャッターを下ろしているので
電気を消すと真っ暗な状態です。
不便に感じるのが、電気のコンセントが少ないことです。
キッチンにコンセントがないので電子レンジやポットの電源がとりづらいのが難点です。延長ケーブルで電源を伸ばすも、生活動線上をケーブルがまたぐのでいつか引っ掛けてしまいそう。

まとめ

予算を考えると、本当に全てがコンパクトな設計になっていました。
ゆったり過ごしたい人は、「駅から離れてOK」とか「多少古くてもOK」であれば「狭さ」に苦労することはなくなると思います。
あまり無茶な条件で探すと後後大変になりますので、お気をつけください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です