排水口が原因で起こるトラブル


長期出張で部屋を空けて戻ってくると嫌な臭いがこもっていることってありますよね。それとたくさんの虫侵入など。それは設備の構造上の問題もあるかも知れません。

長期間部屋を空けると起こる

長期期間、部屋を空けていると本当に驚くほど臭くなっている。普段から掃除もしているのに戻ってくると本当に嫌になる臭いと虫。短期出張では起こらないので部屋を空けている期間が、何か悪さをしていると思い私は「排水トラップ」を疑うことにしました。

排水トラップとは

排水管をS字などに曲げて溜まった水を使って排水経路を遮断する構造の事です。
この溜まっている水のことを「封水」といいます。
この封水が排水管から上がってくるガスや害虫を防ぐ重要な役割を果たしています。
洗面場やトイレなど日常生活で使用している排水設備には何かしらの「封水」を利用したトラップがついています。

下水の臭いが部屋に上がってきたときは

排水トラップのところで話した通り、どこかの「封水」が無くなって排水経路を遮断出来なくなっている状態と言うことになります。この遮断出来なくなった状態を「破封」といいます。
排水経路を遮断するものが無くなっているので、排水管を伝って「悪臭」や「害虫」が部屋に上がってきます。
以前、私が住んでいた部屋の浴室で大量のコバエが発生したことがありましたが、同時に下水臭かったので、この「排水トラップ」の「破封」が原因だと考えています。

住んでる部屋の排水設備によるのですが、定期的に水を流すなどして、封水を絶やさないようにしてください。

まとめ

大量のコバエを初めて見たときは、排水トラップからハエが上がってきているなんて思ってもいませんでした。

窓もない浴室なのに、変な虫がいた。掃除をシッカリしているのに、コバエが湧いている。原因は排水口かも知れません。一度、みなさんの確認してみてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です