部屋で飲むコーヒーを美味しくしたい


コンビニで「挽きたてコーヒー」を楽しめるようになりました。1杯100円。
店でサービスが始まった時はよく買っていましたが、塵も積もればという感じで結構な金額をコンビニの「挽きたてコーヒー」に注ぎ込んでいました。そこで今回は部屋で安く「挽きたてコーヒー」を淹れる方法をお伝えしたいです。

道具をそろえよう

まずは道具をそろえましょう。

  • ミル 手動でOK
  • ドリッパー
  • ペーパーフィルター
  • 保温マグ

ペーパードリップであれば上記のアイテムがあれば大丈夫です。

コーヒーを淹れてみよう

どれだけ淹れたか見えないのでドリッパーは透明のものがオススメです。
  1. ミルでコーヒー豆を挽く
  2. 保温マグにドリッパーをのせてペーパーフィルターをセットする
  3. お湯をドリッパーに注ぐ
  4. 保温マグからドリッパーを取り除く
  5. 完成!

この作り方はおそらく正しいコーヒーの入れ方ではないと思います。
コンビニのコーヒーメーカーのやってることを自分でやるにはどうしたら良いか考えたところ、保温マグに直接ドリッパーで淹れる方法が良いと思いました。

自分で淹れると断然お得

今回コーヒー入れるのに準備したアイテムと費用

購入したアイテム 価格(概算)
ミル 手動 2,000円
ペーパーフィルター(100枚入り) 300円
保温マグ 1,500円
コーヒー豆(200g) 600円

今回のコーヒーを淹れいるのにかかった費用は4,400円ですが、
消費するのがコーヒー豆とペーパーフィルターぐらいなので900円でした。

まとめ

一杯でコーヒー豆12グラムを使用してコーヒー豆200グラムでおよそ16杯分つくれる。結果は一杯あたり37.5 円(コーヒ豆)とフィルター1枚(3円)で41.5円ぐらいですね 。部屋にいるときは自分で淹れて美味しく節約しましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です